2018年5月開催イベント

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018 テーマ:モンド・ヌーヴォー

本事業は1995年フランス・ナント市に誕生したクラシック音楽の祭典
「ラ・フォル・ジュルネ」を“東京ならではの魅力に溢れた音楽祭”として、2005年から東京国際フォーラムを中心に毎年開催してきたもの。
2018年は会場を池袋エリアにも拡大し、名称やロゴを一新。これまで以上にクラシックのジャンルを超えた趣向に富んだ音楽の祝祭を繰り広げます。
丸の内エリアでは、東京国際フォーラムを主会場に、約350の公演を開催。周辺施設との連携によるエリアコンサートは無料でお楽しみいただけます。
2018年のテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」
作曲家たちが自分たちのルーツから遠く離れた場所で書きあげた作品を取り上げます。

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 6つの魅力
・毎年異なる斬新なテーマ展開
・1公演は約45分、朝から晩までいくつものプログラムを気軽に楽しめる
・国内外の一流の演奏を低料金で楽しめる。
・多彩な無料イベントを開催。
・赤ちゃんからクラシック通まで、ピクニック気分で楽しめる。
・街全体が音楽であふれ「お祭り」ムード一色に。

■ 開催日:5月3日(水・祝)~5日(土・祝)
■ 開催場所:丸の内エリア(東京国際フォーラム、大手町、丸の内、有楽町等)、池袋エリア(東京芸術劇場 他)
■ チケット料金:有料コンサート 1,500~3,000円
  • 他、各会場にて無料コンサート等あり
  • チケットは空席がある場合、開演時間まで販売
■ 詳細:ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018
■ 主催:ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018 運営委員会 (株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/豊島区/三菱地所株式会社)
■ 問合せ先:ラ・フォル・ジュルネTOKYO運営委員会事務局
03-3574-6833(平日10:00~18:30)
ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018 テーマ:モンド・ヌーヴォー

ルドン―秘密の花園 展

19世紀末にフランスで活躍したオディロン・ルドンの植物モティーフに焦点をあてた展覧会。男爵家城館の食堂を飾った装飾画で今日知られる16点のうちオルセー美術館所蔵の15点と残る1点で当館所蔵の《グラン・ブーケ(大きな花束)》が一堂に会します。また、ニューヨーク近代美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シカゴ美術館をはじめ、フランスのみならず国内外の美術館から約90点を展覧する大規模なルドン展です。

■ 開催日:2月8日(木)~5月20日(日)
■ 開催時間:10:00~18:00
10:00~21:00(祝日を除く金曜日、第2水曜)
  • 5月14日(月)~18日(金)は21:00まで。
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日(但し、5月14日(月)は開館)
■ 開催場所:三菱一号館美術館
(東京都千代田区丸の内2-6-2)
■ 入館料:一般1,700円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円
■ 詳細:http://mimt.jp/redon
■ 主催:三菱一号館美術館、日本経済新聞社
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
出光美術館 色絵 Japan CUTE!

オディロン・ルドン《眼をとじて》1900年以降 油彩/カンヴァス 65.0×50.0cm 岐阜県美術館蔵

出光美術館 色絵 Japan CUTE!_02

オディロン・ルドン《グラン・ブーケ(大きな花束)》

国立劇場5月舞踊公演 「変化舞踊」

一人の踊り手が様々な役柄を踊り分けていく“変化舞踊”。歌舞伎舞踊の一形式として江戸中期を中心に盛んに上演され、多彩なキャラクターを描く踊りの技が観客を魅了してきました。今回は、四季の情趣を紡ぐ名作で構成された本公演オリジナルの変化舞踊『染分四季彩』と、こぶとり爺さんや桃太郎といった多彩なキャラクターが登場する『七重咲浪花土産』を上演します。どうぞお楽しみに!

■ 開催日:5月26日(土)
■ 開催時間:14:00~17:00
■ 開場時間:開演の30分前(予定)
■ 開催場所:国立劇場 大劇場
(東京都千代田区隼町4-1)
■ 入館料:1等A席8,500円(学生 6,000円)、1等B席5,100円(学生 3,600円)、2等席3,500円(学生 2,500円)、3等席1,800円(学生 1,300円)
■ 申込み方法:国立劇場チケットセンター
0570-07-9900(10:00~18:00)
http://ticket.ntj.jac.go.jp/
■ 詳細:5月舞踊公演
■ 主催:国立劇場
■ 問合せ先:国立劇場チケットセンター
連絡先:0570-07-9900
国立劇場5月舞踊公演 「変化舞踊」

提供=国立劇場

工芸館開館40周年記念所蔵作品展 名工の明治

明治時代、その優れた技術によって、帝室技芸員に任命された金工家・鈴木長吉。その代表作《十二の鷹》は、1893年のシカゴ・コロンブス世界博覧会に出品され、本物と見紛うリアルな表現で世界の人々を驚かせました。本展では、数年にわたる修復の後、初めて12羽そろってお披露目します。明治の精神を今に伝える現代の名工の作品を交え、約100点をご紹介します。

■ 開催日:3月1日(木)~5月27日(日)
■ 開催時間:10:00~17:00
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日
■ 開催場所:東京国立近代美術館工芸館
(東京都千代田区北の丸公園1-1)
■ 入館料:一般250円(200円)、大学生130円(60円)
  • ( )内は20名以上の団体料金。消費税込。
  • 高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
  • 5月6日(日)、5月18日(金・国際博物館の日)は無料でご観覧いただけます。
■ 詳細:東京国立近代美術館
■ 主催:東京国立近代美術館
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
工芸館開館40周年記念所蔵作品展 名工の明治

鈴木長吉《十二の鷹》1893年 東京国立近代美術館蔵

生誕150年 横山大観展

横山大観の生誕150年、没後60年を記念し、10年ぶりの大回顧展を開催します。40メートル超で日本一長い画巻《生々流転》)(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》をはじめとする代表作や数々の新出作品、習作などの資料を92点展示。
制作の過程から彼の芸術の本質を改めて探ります。

■ 開催日:4月13日(金)~5月27日(日)
■ 開催時間:10:00~17:00
10:00~20:00(金曜日、土曜日)
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日
■ 開催場所:東京国立近代美術館
(東京都千代田区北の丸公園3-1)
■ 入館料:一般1,500円(1,300円)、大学・専門学校生1,100円(900円)、高校生600円(400円)、中学生以下、障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
  • ( )内は20名以上の団体料金。消費税込。
  • 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
■ 詳細:「生誕150年 横山大観展」展覧会特設サイト
■ 主催:東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、日本経済新聞社、毎日新聞社
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
生誕150年 横山大観展

「夜桜」(左隻)1929年、横山大観、大倉集古館蔵,東京展:5月8日(火)~5月27日(日)

国立劇場5月文楽公演

戦後の文楽で立役の人形遣いの第一人者として活躍した三代目吉田玉助の孫・吉田幸助が、五代目玉助を襲名します。第一部は、「本朝廿四孝」、「義経千本桜」を上演。また、吉田幸助改め五代目吉田玉助の襲名披露の口上幕があります。
第二部では、女剣士による仇討ちの物語「彦山権現誓助剣」を18年ぶりに半通しで上演。スケールが大きく、スペクタクル性豊かな仇討物をご堪能ください。

■ 開催日:5月12日(土)~28日(月)
■ 開催時間:第一部:11:00~(15:30終演予定)
第二部:16:00~(20:40終演予定)
■ 開場時間:第一部:10:30
第二部:第一部終演後準備整い次第開場の予定
■ 開催場所:国立劇場
(東京都千代田区隼町4-1)
■ 入館料:1等7,000円(学生4,900円)、2等席5,800円(学生2,900円)、3等席1,700円(学生1,200円)
■ 申込み方法:国立劇場チケットセンター
0570-07-9900(10:00~18:00)
http://ticket.ntj.jac.go.jp/
■ 詳細:平成30年5月文楽公演特設サイト
■ 主催:国立劇場
■ 問合せ先:国立劇場チケットセンター
連絡先:0570-07-9900
国立劇場5月文楽公演

提供=国立劇場「彦山権現誓助剣」