イベント情報

丸の内イルミネーション2018

  • 2018/11/08 ~ 2019/02/17
丸の内イルミネーション2018
丸の内エリアの冬の風物詩として街を彩る恒例のイベント「丸の内イルミネーション2018」を今年も開催。
ブランドショップが並ぶ約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りの、200本を越える街路樹が上品に輝く丸の内オリジナルカラー
「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られます。

17年目を迎える今年は「二重橋スクエア」のオープンと同日に点灯を開始、益々賑わいを増す丸の内仲通りで
クリスマスシーズンに映える華やかで連続的な景観のイルミネーションをお楽しみいただけます。

さらに、有楽町エリア(国際ビル、新国際ビル前)には昨年に引き続いて「光のゲート」が設置されるほか、大手町仲通り
でもイルミネーションを開催します(11月15日(木)~)。


本イルミネーションでは、従来品と比べ1球当たりの使用電力を65%削減(※1)する「エコイルミネーション」により、
エネルギー使用量を削減し高効率化を実現してきましたが、2014年度より1球あたりの使用電力をさらに30%カットする
「NEWエコイルミネーション」を一部に採用。

この取り組みが評価され、2016年度(第12回)「日本夜景遺産」(※2)としても認定されました。
今年度は、「NEWエコイルミネーション」をさらに増やした約68万球とし、従来の明るさや輝きは変わらずに、
使用電力を一層抑えます。

また、丸の内仲通りにおいて期間中に使用するすべてのエネルギーには、太陽光や風力などの自然エネルギーで
発電されたグリーン電力を使用。
環境を大切にした地球に最もやさしいイルミネーションで、約100日間の煌めく夜景をお楽しみいただけます。


※1 LED電球1球あたり(2009年度使用のLED電球との比較)
※2 「日本夜景遺産」:一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローが行う「日本夜景遺産プロジェクト」のひとつで、
全国約5,200名の夜景鑑賞士や各地の自治体、民間企業からノミネートされた夜景の中から、全国の「一級夜景鑑賞士
(夜景マイスター)」31名と事務局によって、「すぐれた普遍的価値をもつ夜景」や「誰もが楽しめる夜景地」に認定された
夜景に与えられる称号。(http://www.yakei-isan.jp/index.php


【NEWエコイルミネーションとは】
従来型LED電球の電力をコントロールすることで、使用電力を約65%削減しながら同等の明るさを得ることに成功した
「エコイルミネーション」のエネルギー消費をさらに低減し、高効率化を実現した新モデル。
明るさは従来のエコイルミネーションのまま、使用電力の約30%削減を実現。約68万球を導入予定。
期間
11月8日(木)~2019年2月17日(日)(予定)
※大手町仲通りは11月15日(木)~(予定)
場所
丸の内仲通り、東京駅周辺、大手町仲通り
点灯時間
17:30~23:00 (予定)※12月は17:00~24:00まで点灯予定
主催
丸の内イルミネーション実行委員会
(東京都、千代田区、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、
NPO法人大丸有エリアマネジメント協会)
協力
三菱地所株式会社
企画制作
三菱地所プロパティマネジメント株式会社
お問合せ
丸の内コールセンター 03-5218-5100
<受付時間>
11:00~21:00 日・祝 ~20:00 ※連休の場合は最終日のみ