【三菱地所グループ初の取り組み】
(株)バスクリンと薬用入浴剤を共同開発
「大手町の湯 produced by 日本の名湯」
2018年10月より販売開始
~新たなお土産ブランド
「東京 丸の内 おしまるや」も誕生~

パッケージ

 三菱地所プロパティマネジメント株式会社は、当社社内公募制度による新規事業として、大手町・丸の内・有楽町エリアの魅力を再発信することを目的に、東京 丸の内名物土産の商品開発を進めて参りました。

 有名都市や観光地には、その土地ならではの名物土産が存在し、ブランディングと活性化の役割を担っています。国内外からの観光客がますます増加している当エリアにおきましても、街の更なる活性化の一助になると考え、このたび、当エリアの貴重な資源である「大手町温泉」にインスピレーションをうけた薬用入浴剤「大手町の湯 produced by 日本の名湯」を2018年10月より販売する運びとなりました。

 本商品は当社企画のもと、株式会社バスクリンと共同開発したオリジナルの薬用入浴剤です(医薬部外品)。
東京駅目の前の日本有数のビジネス街に湧き出した「大手町温泉」の特長である有効成分(塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム)を主成分としたとろみのあるお湯の感触が、温浴効果を高め、温かさが持続します。また、シャンパンゴールドの湯色やパッケージデザインは、冬の風物詩である「丸の内イルミネーション」をモチーフとしています。
疲れを癒す、リラックスしたバスタイムをお過ごし下さい。

 なお、本商品の販売開始にあわせ、東京 丸の内から「贈るこころ」を伝えるお土産ブランド「東京 丸の内 おしまるや」を新たに創設致します。大手町・丸の内・有楽町エリア内店舗が取り扱う、丸の内ならではの限定商品の展開を予定しております。

 大手町・丸の内・有楽町エリアでは、今後も様々な取り組みを通じて、多様性のある街としての魅力を高めていくと共に、エリアの施設、テナントと一体となって、活気ある街づくりを進めて参ります。

大手町温泉について

三菱地所株式会社が東京都千代田区大手町の大手町フィナンシャルシティ グランキューブ北側にて深度約1,500mの掘削を実施し、湧出した温泉です。「療養泉」に分類され、平常時は大手町フィナンシャルシティ グランキューブ内の「SPA大手町FITNESS CLUB※1」や「星のや東京※2」の温浴施設において活用するほか、災害時には宿泊施設棟の温浴施設を開放し、宿泊施設棟に受け入れる災害活動要員やグローバルビジネス拠点である大手町地区に集積する団体・企業の事業存続に携わる従業員、ボランティア等の衛生環境向上にも寄与します。

※1:ビジター利用可(有料) ※2:宿泊者のみ利用可

「丸の内イルミネーション2018」開催概要

イルミネーション

「丸の内イルミネーション」過去開催時の様子

【開催日時】
2018年11月8日(木)~2019年2月17日(日) 102日間(予定)

【点灯時間】
17:30~23:00(予定)
※12月は、17:00~24:00まで点灯予定

【場 所】丸の内仲通り、東京駅周辺、大手町仲通り

»詳細はこちら

「大手町の湯 produced by 日本の名湯」製品概要

製品名 大手町の湯 produced by 日本の名湯
製品区分 医薬部外品
製造販売元 株式会社バスクリン
発売元 三菱地所プロパティマネジメント株式会社
製品特長 冬の風物詩として日本有数のビジネス街を彩る、東京 丸の内イルミネーションの世界観をパッケージデザインと、
シャンパンゴールドの湯色で表現しました。
有効成分(塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム)が温浴効果を高め、温かさが持続します。
<湯質>
大手町の湯の特長である塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウムを有効成分とした、とろみのあるお湯の感触です。
しっとりすべすべの湯上がり肌に。
<湯色>
「黒湯」ならではの琥珀色の湯色を、丸の内イルミネーションのオリジナルカラー“シャンパンゴールド”の煌めきと
重ね合わせました。
<香り>
“いよかん”から採取・分析し開発したオリジナルの香料成分を配合した和柑橘の香りです。
※天然香料のオレンジオイル、レモンオイルを配合。
効能 冷え症、肩のこり、腰痛、疲労回復、神経痛、リウマチ、荒れ性、しっしん、にきび、あせも、 しもやけ、あかぎれ、ひび、痔、うちみ、くじき、産前産後の冷え症
容量 分包タイプ:30グラム/箱入りタイプ:30グラム×5包
価格 分包タイプ:230円(税別)/箱入りタイプ:1,100円(税別)
発売日 2018年10月2日(火)(予定)

●本製品は、温泉の湯を再現したものではありません。

【販売場所(予定)】


【株式会社バスクリン】

1893年創業の津村順天堂に起源をもつ、入浴剤シェアNo.1※の 家庭用品メーカー。
薬用入浴剤『バスクリン』をはじめとして、お客様の健やかで心地よい生活を応援する製品をお届けしています。

※インテージSCI(消費者購買調査)入浴剤市場金額メーカーシェア2017年1月~12月

【日本の名湯】

家庭で楽しめる全国の名湯めぐり。
「日本の名湯」のブランドコンセプトは「お風呂をあの名湯に」厳選した各温泉地の湯ざわり・成分・色・香り・情緒などを現地で徹底調査し、現地の温泉にこだわり、現地との共同企画から生まれた温泉タイプ入浴剤です。

バスクリン
日本の名湯

<販売に関するお問合せ先>
丸の内コールセンター (11:00~21:00) ※日曜・祝日は20:00まで(連休の場合は最終日のみ20:00まで)
TEL:03-5218-5100

<製品に関するお問合せ先> 株式会社バスクリン「お客様相談室」(平日9:00~17:00 ※土・日・祝を除く)
TEL:0120-39-8496


【お土産ブランド
「東京 丸の内 おしまるや」とは】

「おしまるや」とは、江戸時代の十八番(おはこ)を意味する“おしもん”に由来した、丸の内が誇る名物土産ブランド。大手町・丸の内・有楽町エリアでのみお取扱いがある、“ここならでは”のものや、ビジネスシーンの手土産としてふさわしいものを取り揃えて参ります。
※「おしまるや」は、「おしもん」と「丸の内」を組み合わせた造語(商標登録申請中)。

日本を代表するビジネス街、東京 丸の内。
かつては、江戸の中心として武家屋敷が建ち並び、江戸城の城下町として栄えて いました。
そこでは、将軍自らが大名たちに菓子を振舞い、贈られた方もお返しをするという風習 があり、
後に「贈り物」の文化として広まっていったと言われています*。
400年以上の時を経て、この土地に脈々と受け継がれる「贈るこころ」。
それは丸の内の十八番、江戸の言葉でいう「おしもん」です。
現代の丸の内から「贈るこころ」を伝えるお土産ブランド「おしまるや」が 誕生しました。
*諸説あります。

おしまるや

<今後の「おしまるや」ブランド展開商品一例>

ラベイユ

はちみつ専門店 ラベイユ
(新丸ビル B1F/TEL:03-3201-1778)
新丸の内店限定ギフト(デュオ)

日本工業倶楽部会館の屋上でセイヨウミツバチの養蜂を行い、採蜜した蜂蜜「東京丸の内のはちみつ」のラベイユ限定ギフト。東京丸の内に咲く花々から採れた希少な百花蜜は、トースト・ヨーグルトにおすすめ。

●内容:2個入[東京丸の内のはちみつ、東京ル・ミエル・トウキョウ]
●価格:3,996円(税込) ※予定

ラベイユ

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店
(丸の内ブリックスクエア 1F/TEL:03-3217-2877 )
ケークおしまるや~丸の内蜂蜜のパウンドケーキ~

丸の内ハニーの香りと甘さ、素材そのものを活かす為に余計な食材を加えずに、素材本来の味を堪能できるシンプルなケーク。
生地だけではなく、表面のシロップにも丸の内ハニーを使用し、より香り豊かにしっとりとしたケークに仕上げました。

●内容:ケークおしまるや~丸の内蜂蜜のパウンドケーキ~
●価格:1,296円(税込)
※その他、このパウンドケーキを中心とした限定アソートセットも販売予定

「丸の内ハニープロジェクト」について

大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会では、「丸の内ハニープロジェクト」として2015年から東京のど真ん中、丸の内のビルの屋上でミツバチを飼っています。毎年初夏の3ヶ月、近くの街路樹や皇居の花々から働き蜂が採取した希少な蜂蜜をエリアの店舗で様々なメニューに使用していただき、地域コミュニティの活性化につなげています。

»詳細はこちら

はちみつ