丸の内ドットコム

英語が話せるようになりたい!仕事をもっと飛躍させたいと思っている人は必読!海外経験ゼロでも、仕事が忙しくても『英語は1年でマスターできる』の著者である三木雄信さんに本当に1年で英語がペラペラになるのかを聞きました。

三木さんは三菱地所で丸の内の再開発にかかわり、ソフトバンク時代は社長室長として
孫正義社長のもとナスダック・ジャパン市場の開設等を行った。
その時の英語や仕事の体験を元に著書を多数出している。

 

今日は三木さんにとっても思い出深い、江戸東京野菜が主役のナチュラルフレンチ「ミクニマルノウチ」でお話を聞きました。
なぜ思い出深いかというと、この場所に丸の内再開発の発信地となった「丸の内カフェ」があったから。

三菱地所に勤務していたときは
丸の内の再開発に関わっていたそうですね。

はい、もう約20年前になりますが、何もなかった丸の内がこんなに華やかになっていることに感慨を覚えますね。おじさんたちがビルの地下で飲んでましたからね。

その頃は、英語は話せたんですか?

苦手でしたね。ソフトバンクに入って孫正義社長について行った初めてのアメリカ出張で、あまりの英語のできなさに、孫社長からも現地のCEOにも驚かれましたから。これはまずいと思って、1年という時間を区切って、英語で交渉できるようになろうと決め、海外留学などせずにできるようになりました。

仕事で英語を使うというのは、
より大変そうなイメージがありますが。

いや、実は、仕事で使う英語というのは用語や言い回しが限られているので、そんなに難しくないんです。パーティや雑談のほうがよっぽど大変ですよ。

英語地獄が待っていた初めての出張

なるほど。でも、日本のビジネスマンの多くが英語を苦手としているのはどうしてだと思いますか?

明確な目標と期限を設定していないからだと思います。漠然と話せたらいいな、と思っているだけではいつまで経っても話せない。

たとえばどんな目標を設定すれば?

私がいま経営しているスクールでは、「テレフォンカンファレンスで外国人と話したい」という大手メーカー本社勤務社員、「海外の学会で、英語で発表したい」という医師など、さまざまな方がいらっしゃいます。それぐらい具体的な目標がないと人はやる気にならないんです。

孫社長から学んだ英語やビジネスの極意を披露してくれた三木さん

期間というのも大事なんですね。

ある一定期間を決めて集中してやらないと英語は身に付きません。1000時間は必要ですね。週1回英会話スクールに通っている、というのでは20年かかってもしゃべれません。

そうなんですね。1年で1000時間ということは週に20時間。毎日3時間必要ということですね。

そのとおりです。私は出勤前の朝や通勤時間を利用しました。忙しい丸の内のビジネスマンにもきっとできるはずです!

目標と期間を設定するというのがポイントなんですね。

明確な目標というのは、英語に限らず、仕事や人生においても大切だと孫社長から学びました。2040年までに時価総額200兆円を目指すなど、孫社長は常に数字ではかることを重視していますね。大きなゴールを決めて逆算し、ゴールを実現するために必要な人、モノ、金、情報をつかむ。そのためにいまやるべきことをやる。英語もそのための手段の一つだと思います。孫社長がvodafoneを買収できたのは日本テレコムがあったから、さらにさかのぼるとADSL事業をやっていたからです。自分で計画してわらしべ長者になることです。

人、モノ、金、情報というのは、日々アンテナをはって、努力していないとついてこないものですよね?

そうですね。丸の内で働いている方々にとっては、丸の内という場所も大きなアドバンテージになると思います。先日、シリコンバレーのサンノゼに行って思ったのは、場所が大事だということ。ベンチャー企業は投資家やベンチャーキャピタルから資金を調達して成長します。サンノゼにいなければ、お互いにいい情報もつかめない。クラブの社会なんですね。どんな場所でも仕事はできそうですが、有益な場所にいるということは大切です。

profile
三木雄信氏

1972年福岡県生まれ。元ソフトバンク社長室長。経済評論家 。ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト株式会社代表取締役、トライオン株式会社代表取締役。 三菱地所からソフトバンクまで、10年間ビジネス界の第一戦でプロジェクトマネージャーとして活躍。個人と社会をインキュベーションすることで日本に貢献することを目指し、ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト株式会社を設立した。 著書に『英語は1年でマスターできる』(PHP研究所)『孫社長にたたきこまれたすごい数値価仕事術』(PHP研究所)など。

三國シェフおすすめの東京素材たっぷり、
リッチなメニュー(¥8,400)

ミクニマルノウチ

「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ三國清三氏がプロデュース。
東京の自然野菜と全国から取り寄せるこだわりの食材を中心に、ヘルシーでナチュラルなフレンチを楽しめる。

千代田区丸の内2-6-1丸の内ブリックスクエアアネックス2階
tel:03-5220-3921
11:00〜15:00(14:30L.O.)17:30〜23:00(21:00L.O.)
http://www.mikuni-marunouchi.jp/