丸の内ドットコム

ニコライ バーグマン

第11回「快適の達人」が伝授 顔も頭もスッキリ!メンズスパ活用術第11回「快適の達人」が伝授 顔も頭もスッキリ!メンズスパ活用術

たまった夏の疲れを癒して、気分良く仕事に励みたい!
そんなビジネスマンに体験してほしいのがメンズスパ。
プロの技により、心身ともにリフレッシュでき、普段、肌や頭皮のケアをあまりしていないという男性こそ効果的です。
新丸ビルの資生堂ビューティーサロンで、スパを体験してきました。

Interview

今回、体験したメニューは「男のエチケットプレミアムコース」(4,860円・税込)。男性特有の悩みにアプローチし、資生堂の長年の研究成果に基づいて選ばれた成分をそれぞれの目的に合わせて配合したシリーズ「THE GROOMING」を使った、頭皮、髪、肌をケアするプログラムです。
担当してくれたのはスタイリストの北岡千佳さんです。

まずは、頭皮と髪のケア。「THE GROOMING」のソーダフォームクレンザーを使い、高濃度炭酸泡とマッサージ効果によって血行を促進しながら、不要な皮脂や汚れを浮かせて洗浄します。

頭皮を心地よくマッサージしながら、洗浄も行う。
頭皮を心地よくマッサージしながら、洗浄も行う。

続いて、シャンプーしながら顔にもソーダパックリファイナーで高濃度炭酸パックを施します。ハリ、つや、潤いのある肌へと整えていきます。
パックを拭き取ったら、ローションを浸透させます。ベタつきを抑え、カサつきや肌荒れ、小じわの予防にも効果があります。

顔にパックしながら、シャンプーを行う。いい香りに包まれて至福の時。
顔にパックしながら、シャンプーを行う。いい香りに包まれて至福の時。

席に戻ったら保湿美容液を自身の手でつけます。資生堂独自の保湿テクノロジー、モイスチャーエンパワーシステムで潤いを閉じ込め、乾燥から肌を守ります。自身の手で美容液をつけることで、肌の変化を実感できるといいます。
「THE GROOMING」シリーズは全て、天然香料をベースにヒノキや柚子などの香りが配合された、ウッディ・ハーバルの香り。清々しい香りにも癒されます。

顔にローションをなじませる。
顔にローションをなじませる。

最後に、眉のお手入れをしてこのメニューは終了。個性を生かした自然な眉に仕上げてくれます。

余分な毛をカットして、きれいに整える。
余分な毛をカットして、きれいに整える。

所要時間は約30分。スッキリとした頭皮とつやのある肌、キリッとした眉で、見た目も気分も変わります。

施術後、気になっていた顔のむくみが取れ、頭もスッキリ。
施術後、気になっていた顔のむくみが取れ、頭もスッキリ。

男性のお客様は多いのでしょうか?

丸の内という場所柄、もともと男性のお客様にはご利用いただいていましたが、昨年10月に男性用シリーズ「THE GROOMING」が登場してから、さらに男性のお客様が増えました。自分では意識していない方が多いですが、仕事などで緊張状態が続くと、頭皮がかたくなり、顔もむくみがちになります。短時間のスパでも、見違えるほど顔がスッキリします。お仕事の合間などに、ケアを受けていただき、気分転換してお仕事に颯爽と戻られる方も多いです。

スタイリストの石橋宏基さん、北岡千佳さん、店長の佐藤広尚さんら、技術とセンスに定評のあるスタッフ。
スタイリストの石橋宏基さん、北岡千佳さん、店長の佐藤広尚さんら、技術とセンスに定評のあるスタッフ。

家での顔のケアについて、
スタイリストの石橋宏基さんにうかがいました。

洗顔後、化粧水をつけるという男性は多いと思いますが、ぜひ乳液もつけていただいた方がいいですね。ベタつくのが苦手といって乳液をつけないという声を聞きますが、ベタつきとうるおいは別モノです。化粧水だけだと水分の蒸発を防げず、肌が乾燥してしまいますので、乳液できちんと保湿することが大切です。

髪、頭皮のケアはいかがでしょう?

男性は女性に比べて皮脂量が多く、“におい”や“フケ・かゆみ”など髪や頭皮にトラブルが起きやすいので、男性用シャンプーを使うといいですね。頭皮の匂いは自分では気づきにくいので、ヘアケア製品選びから始めてみるといいと思います。

発売以来、好評を得ている「THE GROOMING」。
発売以来、好評を得ている「THE GROOMING」。
B bar Marunouchi
資生堂ビューティーサロン

トータルで美を追求する資生堂のケアを体験できるサロン。落ち着いた雰囲気の中、リラックスしたひとときを過ごせる。
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル3Fマルノウチボーテ
tel:03-5224-5151
月~土11:00~21:00/日祝11:00~20:00
https://salon.shiseido.co.jp/shop/shinmaru/

Back Number