丸善・丸の内本店 イベントインデックス

丸善・丸の内本店は、カフェやギャラリーを併設した魅力あふれる空間です。ショップコンセプトは『Book Museum』。丸の内オアゾの1〜4階までを占め、日本最大級を誇る規模でブック&ステーショナリーを展開しています。このページではギャラリー・イベントスペースで催される、旬なイベント情報をご紹介します。

What's New


「梅雨あけ」

はり絵で綴る日本の原風景
内田正泰「こころの詩」作品展

2018年6月13日(水)〜19日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーA
<入場無料>

内田正泰氏は、洋紙の特性を生かす独自の絵画表現で、日本の美しい自然と人との共生をテーマに日本の原風景を「はり絵」として発表。
半世紀を超え、生涯現役を信条に描き続け、本年96歳を迎えます。
本展では、日本人の心を詩情豊かに謳いあげ、人々に懐かしさと安らぎを与えてくれる新作原画、代表作、版画など50余点を展示いたします。

作家来場(予定)
16日(土)・17日(日) 午前11時〜午後3時
※都合により変更もございます。


中嶋紫都 漆ファッション展

2018年6月13日(水)〜19日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーB
<入場無料>

‐布に漆の輝きを‐
漆と布をコラボレーションしたオリジナルなテキスタイルのバッグ、スカーフ、洋服等を展示いたします。
ぜひご高覧ください。


‐生命を描く‐ ワイルドライフアーティスト5人展
石山博司・木部一樹・内藤貞夫・原田篤・福原勝一

2018年6月20日(水)〜26日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーA
<入場無料>

生きものたちを真摯な眼差しで見つめ、芸術として表現するワイルドライフアーティスト(野生生物作家)たち5名が、それぞれの視点で描いた生物画展です。
博物学的な知識と正確で精細な筆致で描かれる生きものたちは、私たちに雄大な自然と生命の躍動を想像させてくれます。
本展では、油彩画・アクリル画・パステル画や染色技法で創作された作品を多数展示いたします。
この機会に、会場でたくさんの生きものたちに出会ってください。


「月は歌う」12号P・原画

フィボナッチ数列を描く 小澤摩純 絵画展

2018年6月20日(水)〜26日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーB
<入場無料>

伝説・童話・オペラなどをテーマに、大人が忘れかけていた夢を思い出させてくれます。
原画・版画約60点を展覧いたします。


デュフィ「モンソネスの私たちの家」リトグラフ

チャリティー 丸善絵画特選展

2018年6月27日(水)〜7月10日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー
<入場無料>

20世紀を代表する国内外の巨匠の油彩や水彩から、リトグラフ、シルクスクリーン、銅版画など幅広いラインナップで約200点を一堂に集め、特別奉仕価格にてご提供いたします。
ぜひこの機会をお見逃しなく。

※売上金の一部は、東日本大震災義援金として、日本赤十字社に寄付いたします。


―水彩人20回展記念企画―
水彩(みずいろ)は奏でる 水彩人小品展

2018年7月11日(水)〜17日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー
<入場無料>

水と彩(いろ)による新しい表現の可能性を追求している作家集団「水彩人」53名による展覧会です。
「水によるもっとも単純素朴な方法により、絵画に自由な豊かさを求めていく」これが水彩人の目指す世界。
写実、半具象、抽象などそれぞれの個性が奏でる色彩(いろいろ)をお楽しみください。

※会期中ギャラリートークを開催いたします。
 連日11時、14時予定

more info