丸善・丸の内本店 イベントインデックス

丸善・丸の内本店は、カフェやギャラリーを併設した魅力あふれる空間です。ショップコンセプトは『Book Museum』。丸の内オアゾの1〜4階までを占め、日本最大級を誇る規模でブック&ステーショナリーを展開しています。このページではギャラリー・イベントスペースで催される、旬なイベント情報をご紹介します。

What's New


チュイルリー公園で昼食

森本計一展
―セーヌとパリ街角を描く―

2018年3月28日(水)〜4月3日(火)
午前9時〜午後9時
(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーA

多くの画家たちが愛した街パリとセーヌ。
パリの豊かな表情を光彩の中に織り込み、独自の世界を展開する画家 森本計一氏の新作展を開催いたします。
本展では、日常生活を独得の様式と色感で追求した魅力ある作品の中から油彩画を中心に約50点を展示いたします。


第13回 佐藤和喜展 〜富士山を描き、あそぶ〜

2018年3月28日(水)〜4月3日(火)
午前9時〜午後9時
(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーB

富士語り、富士笑う。富士光り、富士遊ぶ。
自分の心の「富士山」を画き、「日めくり」原画も展示します。
和喜


阿吽展 デザインでて画家やってるって。

2018年4月11日(水) → 4月17日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー

東京藝大デザイン科大藪研究室出身作家たちの研究発表の場として再始動する、大作中心の展覧会。
4月14日(土)午後2時より、アーティストトークを開催いたします。

【出品作家(敬称略)】
山本雅子、押元一敏、乗富茂美、榎俊幸、武田史子、張火炎、山形太郎、片桐聖子、岡田博明、大西敦子、堀川理万子、関俊一、高岡香苗、弘田優子、阿部穣、今泉尚樹、八木美穂子
【特別出品】
大藪雅孝、澁澤卿、箕浦昇一


第8回日本透明水彩会展

2018年4月18日(水) → 4月24日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリー

北海道から九州まで全国で活躍する人気水彩画家30名による展覧会です。
水彩画本来の魅力である透明感あふれる新作60点を展示いたします。
今年は待望の水彩技法書「透明水彩レシピ」第3弾も会場で発売します。
作家の在廊日はJWSホームページ(https://www.jws.in.net/)にてご確認ください。

【出品作家(敬称略)】
福井良佑(代表)、青江健二、青木美和、赤坂孝史、淺田ようこ、あべとしゆき、石垣渉、加藤潤、菊池和広、くどうさとし、小林啓子、佐藤つえ子、渋谷たつお、シンディ・ソン、田崎まさのぶ、立川眞澄、徳田明子、中野瑞枝、野島朱美、畑尾洋子、春ア幹太、春ア陽子、平澤薫、、藤井紀子、藤枝成人、星野木綿、松江利恵、松林淳、村上ゆたか、矢部ちひろ


「アスミルヒカリ」

たなかしん展 アスミルヒカリ

2018年4月25日(水) → 5月1日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーA

足音は目をゆく
うつした景色は心のなかで
ぬくもりは消えず
いつまでも明日をてらす
やさしい夜がつつみこむように
ひどい今さえ変えてしまえるように

海の砂の上に描く画家、たなかしん さんの新作絵画展。
画集や絵本、刺繍などの書籍や、ポストカード、ポスターなど、グッズもたくさん販売します。


「鈴なりミニトマト」M4

―実写を超えた詩情― 長船善祐 油絵展

2018年4月25日(水) → 5月1日(火)
午前9時〜午後9時(最終日は午後5時閉場)
丸善・丸の内本店 4階ギャラリーB

大分県出身35歳。
独学で油絵を学び、独自の視点で写実絵画を追求する若手洋画家・長船善祐。日展、白日会展にて入選を繰り返し、今後が大いに期待されています。
本展では新作を中心に30余展を展示販売いたします。

more info