• イベント・キャンペーン
  • 2019年11月22日(金) ~ 2019年12月20日(金)

ローマ法王38年ぶり来日記念 リサ・クリスティン写真展

38年ぶりのローマ法王来日を記念して日本で初開催
~持続可能な開発目標SDGsターゲット8.7の実現に向けて~

ローマ法王の38年ぶりの来日を記念し、人身取引撲滅に取り組む修道者の国際ネットワーク「タリタクム」の写真展を開催します。
TEDスピーチ「現代奴隷の目撃写真」で世界中に衝撃を与えたアメリカ出身の写真家リサ・クリスティンが、紛争や戦争、人身売買や強制労働などで苦しんでいる女性や子供たちを救済しようと活動する修道者を18ヶ月間かけてグアテマラ、メキシコ、フィリピン、タイ、イタリア、アメリカ合衆国など世界各地で撮影した写真39点を日本で初めて展示公開します。 

基本情報

開催期間

11月22日(金)~ 12月20日(金)

開催場所

三菱一号館美術館 歴史資料室 および 行幸地下通路および行幸地下ギャラリー

開館時間

三菱一号館美術館 歴史資料室 10:00~18:00 ※月曜休館
行幸地下通路および行幸地下ギャラリー 6:00~24:30

主催

ガリレオ・ファウンデーション

協力

三菱地所株式会社、DMO東京丸の内、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社、株式会社東京會舘、アルビオンアート株式会社、他

後援

国際総長会議(UISG)、ローマ法王庁、国連広報センター、国際連合大学、国際連合難民高等弁務官事務所、国際連合児童基金、国際労働機関、国際移住機関、UN Women

企画運営

株式会社B-Forest

■写真家リサ・クリスティン
国際的に活動する人道主義の写真家、行動主義者、演説者。
30年以上にわたり、6大陸、150ヶ国で先住民族や社会問題の現状を撮り続けています。とくに写真を通じて、奴隷や人身取引などの社会問題の現状を世界中に訴え、変わることを願っています。
2012年に動画公開されたTEDスピーチ「現代奴隷の目撃写真」は世界中に衝撃を与えました。
詳細はこちら

■タリタクム(Talita Kum)
修道会総長会議と連携している国際総長会議(USIG,1965年創立)の共同プロジェクトの一つで、世界76ヶ国で展開している人身取引に対する奉献生活者の国際ネットワーク。
日本では、修道会総長管区長会と日本カトリック管区長協議会との連携により、2017年に日本カトリック難民移住移動者委員会内に「タリタクム日本」が発足。
「タリタクム」とは、新約聖書(マルコによる福音書5.38-43)にあるイエスの言葉「タリタ・クム(少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい)」からきています。
詳細はこちら

■ガリレオ・ファウンデーション
カトリックとキリスト教精神に関する活動を支持している基金で、ローマ法王が手掛けるさまざまな プロジェクトをチャリティーという形で後押ししている。特に、ローマ教皇庁科学アカデミーの活動を最大限に支援。
さらに、カトリック教会と英国国協会の関係を拡充する活動や、聖地で脅威にさらされているキリスト教コミュニティーを守る運動も手掛けています。
詳細はこちら

ガリレオ・ファウンデーションでは、SDGsが掲げるターゲット8.7(*)の実現を目標に国際的な活動を展開。本イベント開催によって、日本でまだ広く認知されていない人身売買や強制労働などで苦しんでいる女性や子供たちの現状を広く知らせ、支援の輪の拡大を目指します。

(*)ターゲット8.7は、「強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための迅速で効果的措置の実施、最も劣悪な形態の児童就労の禁止・撲滅を保障する。2025年までに少年兵の徴募や利用を含むあらゆる形態の児童就労を撲滅する。」という目標です。