2018年11月開催イベント

月曜シネサロン&トーク 第2回

「月曜シネサロン&トーク」は国立映画アーカイブ所蔵の貴重な文化記録映画を講師の解説付きで上映する映画会です。
2018年(平成30年)は東京府開設から150年の節目を記念し江戸から近現代に向かう都市や人々の生活風景を通じて東京の魅力再発見につながる作品を全4回に渡って上映します。

■ 開催日:11月19日(月)
■ 開催時間:昼の部:15:00~17:00
夜の部:19:00~21:00
■ 受付開始:昼の部:14:30 夜の部:18:30
■ 開催場所:東京国際フォーラム ホールD7
(東京都千代田区丸の内3-5-1)
■ 入館料:500円 ※当日入場時にお支払いください。
■ 定員:200名 各回入替制(先着順申し込み)
■ 申込み方法:公式サイトの応募フォーム、もしくは① 氏名(ふりがな)② 希望する部(昼 or 夜)③ 人数を記入の上、往復はがきでお申込ください。
【往復はがき宛先】
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
東京国際フォーラム事業推進部「シネサロン担当」宛
【「月曜シネサロン&トーク」公式サイト】
http://www.cinesalon.jp
  • 申込受付は先着順とし定員に達し次第受付終了となります。
■ 詳細:「月曜シネサロン&トーク」公式サイト
■ 主催:東京国際フォーラム 国立映画アーカイブ
■ 問合せ先:東京国際フォーラム 事業推進部 シネサロン担当
03-5221-9043(平日10:00~17:00)
東京の四季

東京の四季

11月歌舞伎 「通し狂言 名高大岡越前裁(なもたかしおおおかさばき)」

名奉行として名高い大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)が様々な難事件を解決する物語「大岡政談」。その題材の一つである「天一坊事件」を基にした河竹黙阿弥の芝居を再構成して上演します。将軍のご落胤になりすました天一坊の正体を暴くため、命を賭けて立ち向かう大岡越前を中村梅玉が初役で勤めるほか、坂東楽善、中村魁春、坂東彌十郎、市川右團次など充実の配役でご覧いただきます。天下の“大岡裁き”にご期待ください。

■ 開催日:11月3日(土・祝)~26日(月)
■ 開催時間:11:00~15:10(終演予定)
■ 開場時間:開演の45分前(予定)
■ 開催場所:国立劇場 大劇場
(東京都千代田区隼町4-1)
■ 入館料:特別席12,500円、1等A席9,800円、1等B席6,400円、2等A席4,900円、2等B席2,700円、3等席1,800円(学生割引・障害者割引あり)
■ 申込み方法:国立劇場チケットセンター
0570-07-9900(10:00~18:00)
http://ticket.ntj.jac.go.jp/
■ 詳細:平成30年11月歌舞伎公演特設サイト
■ 主催:国立劇場
■ 問合せ先:国立劇場チケットセンター
連絡先:0570-07-9900
中村梅玉の大岡越前守忠相<br>提供=国立劇場

中村梅玉の大岡越前守忠相
提供=国立劇場