2018年9月開催イベント

「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

徳川家康の転封と開府をきっかけに、急速に発展した江戸の町。その繁栄をとらえた絵画のうち、「江戸名所図屏風」は明暦3年(1657)の大火以前の様子を伝える貴重な作例です。画面には、さまざまな労働に勤しみ、あるいは歓楽街に集い、日々の暮らしを謳歌する人たちの姿が、豊かに描き出されています。本展は、2015年に重要文化財の指定を受けたこの作品を中心に、江戸を題材とした都市図の魅力を紹介する展覧会です。新興都市とそこに生きる人々の活気をご覧ください。

■ 開催日:7月28日(土)~9月9日(日)
■ 開催時間:10:00~17:00
10:00~19:00(金曜日)
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日
■ 開催場所:出光美術館
(東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階)
■ 入館料:一般1,000円、高校・大学生700円、中学生以下無料(但し保護者の同伴が必要)
  • 障害者手帳をお持ちの方は200円引、その付添者(1名)は無料。
■ 詳細:出光美術館ホームページ
■ 主催:出光美術館、毎日新聞社
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
江戸名所図屏風(右隻部分)<br>江戸時代 重要文化財 出光美術館蔵

江戸名所図屏風(右隻部分)
江戸時代 重要文化財 出光美術館蔵

月曜シネサロン&トーク 第1回

「月曜シネサロン&トーク」は国立映画アーカイブ所蔵の貴重な文化記録映画を講師の解説付きで上映する映画会です。2018年(平成30年)は東京府開設から150年の節目を記念し江戸から近現代に向かう都市や人々の生活風景を通じて東京の魅力再発見につながる作品を全4回に渡って上映します。

■ 開催日:9月10日(月)
■ 開催時間:昼の部:15:00~17:00
夜の部:19:00~21:00
■ 受付開始:昼の部:14:30 夜の部:18:30
■ 開催場所:東京国際フォーラム ホールD1
(東京都千代田区丸の内3-5-1)
■ 入館料:500円 ※当日入場時にお支払いください。
■ 定員:100名 各回入替制(先着順申し込み)
■ 申込み方法:公式サイトの応募フォーム、もしくは① 氏名(ふりがな)② 希望する部(昼 or 夜)③ 人数を記入の上、往復はがきでお申込ください。
【往復はがき宛先】
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1(株)東京国際フォーラム事業推進部「シネサロン担当」宛
【「月曜シネサロン&トーク」公式サイト】
http://www.cinesalon.jp
  • 申込受付は先着順とし定員に達し次第受付終了となります。
■ 詳細:「月曜シネサロン&トーク」公式サイト
■ 主催:東京国際フォーラム 国立映画アーカイブ
■ 問合せ先:株式会社東京国際フォーラム 事業推進部
03-5221-9043(平日10:00~17:00)
関東大震災実況

関東大震災実況

ゴードン・マッタ=クラーク展

1970年代にニューヨークを中心に活躍し、35歳という若さでこの世を去ったアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)。本展では、わずか約10年という短い活動期間の中で、アート、建築、ストリートカルチャー、アーティストによる食堂「フード」の経営など、多彩な才能を発揮したマッタ=クラークの活動を、フルスケールでご紹介します。
作品の多くが個人蔵やメトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、ポンピドゥー・センターなど欧米の著名美術館所蔵で、これまでアジアではまとまった形で紹介される機会が無かったマッタ=クラークのアジア初の回顧展です。約200点を数える出展作品のうち、本展で初来日を果たすマッタ=クラークの代表作《スプリッティング:四つの角》は必見。

■ 開催日:6月19日(火)~9月17日(月・祝)
■ 開催時間:10:00~17:00
10:00~21:00(金曜日、土曜日)
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日(但し、9月17日(月・祝)は開館)
■ 開催場所:東京国立近代美術館 本館
(東京都千代田区北の丸公園3-1)
■ 入館料:一般1,200円 、大学生800円
  • 高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
■ 詳細:東京国立近代美術館
■ 主催:東京国立近代美術館
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
《スプリッティング》1974年 ゴードン・マッタ=クラーク財団&デイヴィッド・ツヴィルナー(ニューヨーク、ロンドン、香港)蔵<br>(c) The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.

《スプリッティング》1974年 ゴードン・マッタ=クラーク財団&デイヴィッド・ツヴィルナー(ニューヨーク、ロンドン、香港)蔵
(c) The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ

パリのヴァンドーム広場に軒を連ねるジュエラーの中で、ショーメはもっとも長い歴史を誇ります。そして、1780年からその比類なきクリエイションでメゾンの優雅な礎を築き上げました。ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの御用達ジュエラーとして、ショーメは装飾芸術の傑作と称される数多くの作品に寄り添い、伝統を重んじつつ今なお革新性を追求し続けています。本展は、ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、18世紀後半から現代まで、約240年に及ぶショーメの伝統と歴史を紹介する日本初の展覧会です。ロマン主義、ジャポニスム、アール・デコといった芸術潮流との対話の中で洗練された作品―ダイヤモンドのティアラやネックレス等の宝飾品と、未発表の歴史的なデザイン画や写真等約300点を展覧します。

■ 開催日:6月28日(木)~9月17日(月・祝)
■ 開催時間:10:00~18:00
10:00~21:00(金曜、第2水曜、9月10日(月)~13日(木))
  • 入館は閉館の30分前まで。
■ 休館日:月曜日(但し、9月10日(月)、9月17日(月・祝)は開館)
■ 開催場所:三菱一号館美術館
(東京都千代田区丸の内2-6-2)
■ 入館料:一般1,700円、高校・大学生1,500円、小・中学生500円
■ 詳細:http://mimt.jp/chaumet
■ 主催:三菱一号館美術館、ショーメ
■ 問合せ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
フランソワ=ルニョー・ニト《麦の穂のティアラ》1810-11年頃 ゴールド、シルバー、ダイヤモンド ショーメ・コレクション、パリ<br>(c)Chaumet - Nils Herrmann

フランソワ=ルニョー・ニト《麦の穂のティアラ》1810-11年頃 ゴールド、シルバー、ダイヤモンド ショーメ・コレクション、パリ
(c)Chaumet - Nils Herrmann

国立劇場9月文楽公演

第一部は、生き別れになった母子の30年ぶりの再会を描いた『良弁杉由来』と、『仮名手本忠臣蔵』の外伝物で、登場人物の一人である加古川本蔵に焦点を当てた『増補忠臣蔵』を上演。第二部は、大坂の夏の風俗を背景に、三人の侠客と連れ添う女房たちの心意気を描いた夏狂言の代表作である『夏祭浪花鑑』を上演する。

■ 開催日:9月8日(土)~24日(月・振休)
■ 開催時間:第一部:11:00(15:20終演予定)
第二部:16:00(20:35終演予定)
■ 開場時間:第一部:10:30
第二部:第一部終演後準備整い次第の予定
■ 開催場所:国立劇場 小劇場
(東京都千代田区隼町4-1)
■ 入館料:1等席7,000円(学生4,900円)、2等席5,800円(学生2,900円)、3等席1,700円(学生1,200円)
■ 申込み方法:国立劇場チケットセンター
0570-07-9900(10:00~18:00)
http://ticket.ntj.jac.go.jp/
■ 詳細:平成30年9月文楽公演特設サイト
■ 主催:国立劇場
■ 問合せ先:国立劇場チケットセンター
連絡先:0570-07-9900
提供=国立劇場「良弁杉由来」

提供=国立劇場「良弁杉由来」