丸の内街ぶら部
丸の内街ぶら部

バラエティに富む丸の内のレストランから、
体をポッと温めてくれるお料理を求めて

バラエティに富む丸の内のレストランから、体をポッと温めてくれるお料理を求めて
丸の内にあるレストランは、世界各地のお料理が味わえる様々なお店や日本の地方で有名なお店などバラエティ豊か。今回はそこに着目し、冬のこの時期に食べたくなる温かいお料理を求めてお店をチョイスしてみました。

ゴドノフ東京 丸ビル店

丸ビル5階にある「ゴドノフ東京」は、ロシア皇帝も愛したといわれている、モスクワの老舗ロシア料理レストランの日本一号店。ロシア料理でお馴染みのボルシチやピロシキ、ビーフストロガノフなどは、本店の味を再現しているのだそう。日本ではまだ提供されていないロシア料理にも、好奇心がそそられます。極寒の地で生みだされた伝統料理は体を温めるだけでなく、栄養素が多い素材をたっぷり使用しているのだとか。
そんなゴドノフ東京を訪れたのは @sachu09さん。

  • とても解放感があり入りやすい店内でした。
    おしゃれなカウンター席とゆったりとしたテーブル席があるので、どちらも楽しめます。また、店内のあらゆる箇所にマトリョーシカやキルトなど、ロシアを感じられるものが展示してあり、空間も楽しめました。

  • 「冷製サラダ前菜 海の幸のストロガニーナ」
    凍らせた鮮魚を薄切りにして食べるシベリア地方の伝統料理だそうです。色鮮やかで新鮮なお野菜と、凍らせた鮮魚の食感が軽やかで、3種類のソースを付けると新しい味わいに。また、ガラスの器に鮮やかなソースが彩られ、見た目も惹きつけられます。

  • 自家製ピロシキ 2個セット。
    マッシュポテトとキノコのピロシキと牛肉と玉ねぎのピロシキの2個セット。マッシュポテトとキノコのピロシキは、パリパリのパイ生地に包まれており、中にはたくさんのマッシュポテトとキノコが入っていてクリーミーです。
    牛肉と玉ねぎのピロシキは、パン生地に包まれていて、回りはカリっと中はもっちりのパン。
    口の中にお肉のうま味がじゅわ~っと広がって、お肉の濃厚な味を楽しめる本格的なお味でした。

  • ガルショーク カニクリーム
    ガルショークとは、「壺焼き」のことで、古くは暖炉で壺を使って調理した事が始まりのロシアを代表する伝統料理だそうです。
    わくわくしながらサクサクのパイ生地を開けると、熱々のホワイトソースがぎっしり!
    ソースにはカニが贅沢にたくさん入っていて、ホワイトソースとの相性も抜群!心も身体も温まるお料理でした。

  • クラシックビーフストロガノ
    デミグラスのビーフストロガノをイメージしていたらびっくり。ロシアでは、サワークリームで仕上げた煮込み料理だそうです。肉厚で柔らかなお肉と玉ねぎがたっぷりのクリームソースで覆われていて、とてもまろやか。またサワークリームの酸味が効いていて、新しいお味でした。

  • お店も少なくなかなか味わえないロシア料理ですが、ピロシキ、ガルショーク、ビーフストロガノフ等、日本人の口に合うお料理がたくさんありました。煮込み料理やオーブン料理が多いので、寒い冬に訪れるのがおすすめ。どれもとても優しいお味で、スパイス等が使われていないので体にも優しいロシア料理です。

ゴドノフ東京 丸ビル店

丸ビル 5F

※店舗情報は変更されている場合もございますので、予めご了承願います。
※情報の確認は各店舗へご連絡願います。

Bonne qúela

“フレンチを、食堂感覚で"がコンセプトのワインビストロ「Bonne qúela」。生産者から野菜を直接仕入れたり、季節によってメインの食材を変えたりと、食材選びに熱い情熱を注いでいることで評判。名物の「ブイヤベース」は日本近海の旬の魚のみを使用しているため、時期によって品種が異なるのだそう。厳選された自然派ワインは料理に寄り添い、料理の美味しさを引き立ててくれます。
今回Bonne qúelaをレポートしてくれるのは@ak_lovelightさん。

  • 入り口の黒板に「フレンチを食堂感覚で」の文字。
    ちょうどホリデーシーズンということでツリーなどのクリスマス装飾が。入る前からわくわくがとまりません。

  • 店内は、木を基調とした温もりのあるインテリア。まるでフランスの田舎町の食堂のようなアットホームな雰囲気です。

  • お食事には、ビストロ定番コース「ブイヤベース&牛ハラミステーキのWメインフルコース」をいただきました。

    アミューズ「川俣しゃもとフォアグラのテリーヌ」。
    弾力のある地鶏の川俣しゃもと口の中でとろける滑らかな食感のフォアグラ。ちょうどいい塩加減とやさしい酸味が食欲をそそる一品です。

  • 前菜「たっぷりカニとイクラ、ポワロと根セロリのタルト」。
    甘しょっぱいサクサクのタルトの上に根セロリと西洋ネギのサラダ、カニとイクラがトッピングされた贅沢な一品。根セロリのシャキシャキ感がたまりません。塩味、酸味、甘味、そして旨味。味と食感が楽しい一品でした。

  • スペシャリテ「ブイヤベース」。
    魚介の旨味がぎゅーっと凝縮したサフラン風味のスープはさらっとしているのにとても濃厚。魚介だけでスープをとっているんだそうです。鯛やムール貝、ホタテなどの魚介、かぶやにんじんなどの根菜も入っていて、寒い冬に体がぽっと温まるお料理です。
    ガーリックマヨネーズのパンをひたして食べるとおいしさ倍増。数年前、南フランスのマルセイユを訪れた時に、この魚介の旨味たっぷりのスープをいただいたのを思い出しました。

  • お肉料理「牛ハラミステーキ ソースムータルド」。
    厚切りの赤身の牛肉は、やわらかいですが、ほどよい弾力もあり食べ応えのあるお肉でした。ソースムータルドとは、マスタードソースのことで、しっかりした味のお肉にぴったり。
    付け合わせのショートパスタもはじめての食感。

  • デセール「チョコレートのテリーヌ」パッションフルーツとバナナのアイス添え。
    しっとり滑らかなチョコレートのテリーヌは、まるで生チョコを食べているかのようなリッチな味わい。ほどよい酸味のパッションフルーツとバナナのアイスとの相性がとってもよかったです。

    「フレンチを食堂感覚で」とありますが、お料理は一品一品繊細で上品。とても手のこんだおいしいお料理です。また、自然派ワインがストックされていて、ナチュラルなワインと料理のマリアージュを楽しみたい方におすすめです。

Bonne qúela

大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 1F

※店舗情報は変更されている場合もございますので、予めご了承願います。
※情報の確認は各店舗へご連絡願います。

欧風小皿料理 沢村

軽井沢で人気のベーカリーが運営する、新丸ビル7階にある「欧風小皿料理 沢村」。焼きたての天然酵母パンが有名。20種ほどの国内外の粉をパンの個性に合わせて使い分けているのだとか。日によって種類が異なり、ディナーコースはパンのおかわり自由!フレンチ、イタリアン、スパニッシュなど各国の欧風小皿料理と一緒にいただけば、新しい組み合わせの発見ができそう。
今回、欧風小皿料理 沢村を訪れたのは @harunafukudaさん。

  • 店内は黒を基調にモダンシックにまとめられていますが、赤いトラの絵がインパクト大で、内装のアクセントとなっています。広々としたテラスはシャンパンゴールドにライトアップされており、年末らしく気分が華やぎます。おしゃれでシックな店内。ほどよくカジュアルなので肩ひじ張らずに訪問できます。

  • 注文したのは「沢村ディナーコース」。

    ANTIPASTO「前菜の盛り合わせ・自家製熟成酵母パン・海老とレンコンのアヒージョ」。
    前菜の盛り合わせは大皿にボリュームたっぷりに新鮮なサラダやハムが乗せられています。特に美味しかったのはポテトサラダでチーズやお漬物が入っている等、とても凝っていました。そして沢村といえば有名なのがパンの美味しさ。もちもちとしたパンは海老とレンコンのアヒージョとの相性が抜群です。ぷりぷりの海老と、さくさくのレンコンのアヒージョは触感も楽しめるほか、ガーリックオイルにパンを浸すともう食べる手がとまりません。

  • PASTA「蟹とアボガドのクリームパスタ」。
    濃厚な蟹のエキスをアボガドソースがいい具合にまろやかにしてくれます。冬にぴったりのクリーミーなソースにフェットチーネパスタが絶妙に絡み合っています。
    ボリュームもしっかりあるので食べ応えも◎。トップには蟹の身がトッピングされています。

  • MAIN「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」。
    大きなお肉にナイフを入れると、見た目とは裏腹なホロホロした柔らかさに驚かされます。ソースがしっかりとお肉の内部までしみ込み、赤ワインととてもよく合います。
    濃厚な赤ワインのソースとさわやかでほんのり甘いキャロットソースと組み合わせて食べるのがおすすめです。

  • DESSERT&CAFE「蜂蜜のアイスとマロングラッセのアイス」。
    まるで雪のようなフワフワのマロングラッセのアイスの中にはザラメやナッツ、リキュールが入っており、とっても美味しい!大人の味です。バニラに蜂蜜が加わったアイスは甘すぎず、紅茶と相性がぴったりでした。

  • 丸の内の凛とした空気にマッチしたシックなおしゃれ空間。それでいてカジュアルで親しみやすい雰囲気。お料理はどれも外れがなくとても美味しくて高級感もたっぷりで、それがお手頃価格で食事できるので、特別に張り切る必要もなくリラックスして食事を楽しむことができます。大手町の夜景も都内的で素敵です。

    以前丸の内のオフィスに勤務しているときは、様々な用途で沢村に来店しました。恋人とのデートにはもちろん、女子会や、両親との食事の他、会社の後輩と仕事帰りに、ここで食事して帰ったり・・・。美味しい食事におしゃれな店内。でもカジュアルなので用途を選ばず利用できるお店です。

欧風小皿料理 沢村

新丸ビル 7F

※店舗情報は変更されている場合もございますので、予めご了承願います。
※情報の確認は各店舗へご連絡願います。