丸の内ドットコム

第17回「ランニングの達人」に学ぶ 初心者でも大丈夫!楽しく走る秘訣第17回「ランニングの達人」に学ぶ 初心者でも大丈夫!楽しく走る秘訣

寒さが和らいでくると、体を動かしたい!ランニングを始めてみたい!という気持ちになる方も多いかもしれません。
ただ、できるかどうか不安という声もよく聞きます。
今回はそんな不安を払拭すべく、「アシックスラン東京丸の内」に楽しく走るためのコツを教えてもらいました。

Interview

ランステーションにカフェスペースやアシックスストアも併設され、ランナーたちのための快適空間になっているのが、2018年7月にオープンした「アシックスラン東京丸の内」。ランニングを楽しむコツについて、アシックスランニングクラブコーチの小谷浩さんにうかがいました。

ランニングのメリットを教えてください。

いつでもどこでもできるのがランニングのいいところ。健康面、精神面ともにメリットがあります。代謝が良くなり筋力がつくので太りにくい体質に変わり、疲れにくくなります。血液の流れが良くなり、肩こりが改善する人も多いですね。生活習慣病の予防にもつながります。
精神的には脳が活性化し、アイデアが浮かびやすくなったり、ストレス解消もできます。

小谷浩さん
アシックスラン東京丸の内常駐の
アシックスランニングクラブコーチ、小谷浩さん。

ランニングを始めたい!と思ったらまずは何から揃えればいいでしょう?

まずはシューズですね。快適なランニングのためには専用のシューズの方がいいですね。大切なのは自分の足に合ったサイズ、タイプを選ぶこと。ランニングシューズは、いつものサイズより1㎝ほど大きいものを選びます。ぴったりのサイズだと、走っている時につま先がシューズに当たってしまうことがあるので、つま先に少し隙間があるくらい余裕があるといいです。
買うときは、お店のスタッフに相談するといいですね。こちらの店舗には足形計測機があるので、足長、足幅、かかと幅、足高などを細かく計測できます。そのデータをもとに、合うシューズを選んでいきます。
初心者の方におすすめなのは、衝撃を和らげるクッション性とフィット感のあるタイプ。上級者向けのモデルと比べると重量は少しありますが、まだ走ることに慣れていない初心者の足をしっかりサポートしてくれます。
また、専用ソックスも一緒に揃えるといいですね。シューズと足を一体化させる役割があり、土踏まず周りのフィット感を高める機能が充実しています。足への負担が軽減され、より快適な走りにつながります。

image
高いクッション性を備えたGEL-NIMBUS® 21
17,280円(税込)。
  • image
    ランニング用ソックスは5本指タイプやレギュラータイプなど豊富な種類が揃う。
  • image
    足形を測定する機械。測ってみたら思っていたサイズと違った、という方も多いそう。
  • image
    詳細なデータをもとに、自分に合ったシューズを選べる。

シューズとソックスの重要性がわかりました。履く時の注意点はありますか?

シューズの紐を結んだまま脱ぎ履きしていませんか?靴も傷みますし、足へのフィット感が減少してしまいます。シューズの紐を緩めた状態で足を入れ、かかと部分にしっかりとかかとを合わせ、紐のつま先側から1つ目、2つ目はたるみのない程度に、3つ目は引っ張らない状態にし、4つ目、5つ目は上方向に引っ張ってから内側に引き寄せます。こうすると、シューズ全体が足を包み込むような形になり、シューズと足が一体化します。脱ぐ時も紐をほどいてから、というのを習慣づけましょう。

  • image
    かかとを地面に打ち付け、きちんと合わせる。
  • image
    1、2つ目の靴紐はたるみの出ない程度に。
  • image
    4つ目の紐を上に引っ張って、内側に引き寄せる。
  • image
    最後5つ目の紐も上に引っ張ってから締める。

ランニングウェアは必要ですか?

ランニングウェアを着るとより快適に走れます。通気性、吸湿性に優れていますし、腕振りや足を動かすことがスムーズにできるように作られています。お気に入りのウェアを身につけると、モチベーションアップにもつながります。
サポート機能付きのランニングタイツは骨盤を支え、適度な着圧によって太ももやふくらはぎの筋肉の負担を軽減する機能があります。初心者の方にこそ試していただきたいですね。

image
機能的なサポートタイツも活用したい。

フォームで気をつけることはありますか?

ポイントは上半身、下半身、着地の3つあります。上半身は肩甲骨まわりが動くようにリラックスした状態、下半身は骨盤幅に2本の線があるとイメージし、線に向かってまっすぐ足を出します。骨盤から下が脚という意識を持って、太もも周りやお尻の大きい筋肉を使うと疲れにくいです。着地は足を真下に押し込むようにイメージしましょう。蹴りすぎたり、飛び跳ねすぎないように接地面を広くすると安定します。
呼吸は自由で大丈夫ですが、浅くならないよう、深い呼吸を心がけます。苦しくなったら吐く方を意識すると、自然な呼吸につながります。
大切なのはリズム。苦しくならないぐらいのスピードで走りましょう。目安は会話ができるぐらい。初心者の方はいきなり走るのではなく、ウォーキングから始めて途中走るという風に、徐々に走る割合を増やしていくといいですね。

続けられるか不安という方にアドバイスをお願いします。

毎日ではなく、週に2日走ることを目標にして、走る曜日を決めましょう。記録を狙う人もメリハリをつけて走った方がいいですね。これだけ走らなければと自分でノルマを決めると、つい無理をしてしまい、けがの原因になりかねません。休養も重要です。
走る前後はもちろん、走らない日にもストレッチをしましょう。筋肉や腱を伸ばすストレッチを続けると、自分の体のことがわかってきます。今日はいつもと違う、疲れていると感じたら、走るのをお休みしたり、短めにするなど調節でき、けがを防ぐことができます。筋肉痛は筋肉が成長していく証なので心配ありませんが、骨、膝、腱の痛みには注意が必要です。
こちらではランステーションのほか、初心者から上級者まで、様々なイベントを開催しているので、気軽に参加いただけます。

image
走る前に欠かせないストレッチ。脚の付け根から太ももを伸ばす。
image
肩を回して肩甲骨の動きをよくする。
アシックスラン東京丸の内
ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI

東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビルB1F
tel:03-6259-1601
https://www.marunouchi.com/tenants/9749/

ランステーション
平日:6:30-22:00(最終入店21:00)| 土日祝:7:30-20:00(最終入店19:00)
ストア
平日:11:00-21:00 | 土日祝:9:00-20:00
カフェ
平日:11:30-21:30 | 土日祝:10:00-19:00

投稿日:2019/2/28(木)

※店舗情報は変更されている場合もございますので、ご了承ください。

※詳細は店舗へお問い合わせください。