丸の内ドットコム

image

第18回 サンドイッチの達人が伝授 美味しく作れる極上レシピ第18回 サンドイッチの達人が伝授 美味しく作れる極上レシピ

外でご飯を食べるのが気持ちのいい季節を迎えました。
春のポカポカ陽気の中、手作りしてお花見に持っていっても、普段のランチにしてもいいサンドイッチ。好きなパンや具材を自由に選んで、手軽に食べられるのも魅力です。
フランスの小麦粉を使ったパンの美味しさに定評のある「ヴィロン丸の内店」で、サンドイッチのレシピを教わりました!

Interview

2005年のオープン以来、パン好きを魅了してきたヴィロン。ブーランジェリーの看板商品はバゲットレトロドール。フランスから直輸入した小麦粉を使用し、外はパリパリ、中は弾力のある本場の味わいのバゲットです。
ヴィロンではバゲットなどのパンはもちろん、サンドイッチも16種類が販売されています。シェフブーランジェの菊池界さんに、お店でも人気のサンドイッチ2種の作り方を教えてもらいました。

サンドイッチを作るときのポイントを教えてください。

サンドイッチは作ってすぐに食べない場合が多いですよね。パンがべちゃっとならないように、時間が経ってもパンに水分がしみないようにすることが大切です。そのためには野菜の水気をよく切ること、バターをたっぷり塗ることがポイントになります。野菜は洗ったら、キッチンペーパーなどでよく水気を拭きます。バターを塗ることによってパンの表面に油分の膜ができて、水分が染み込むのを防いでくれます。トマトもドライトマトを使うなど、具材もなるべく水分の少ないものを選ぶといいですね。

image
シェフブーランジェの菊池界さん。

パンはどのようなものがいいでしょう?

今回はバゲットやリュスティックなど、パリッとした歯ごたえのあるパンを使っていますが、ヴィエノワなどソフトで甘みのあるタイプのパンや食パンなど好みのパンを使ってください。自分が美味しいと思うパンで大丈夫です。バゲットの場合はバターを塗ってからトーストすると、時間が経ってもパリッとした食感を楽しめます。

サンドイッチの作り方を教えてください。

今回は2つのサンドイッチをご紹介します。1つ目はプロヴァンサルというツナとセミドライトマトを主体にした南仏のサンドイッチです。トマトの酸味が効いた爽やかな味わいです。ツナの具材は多めに作っておいて、サラダとしても楽しめます。

image
たっぷりのツナが入ったプロヴァンサル。

プロヴァンサル

材料(2個分)
 
リュスティック(田舎風のフランスパン)
2個
葉野菜(サニーレタス、グリーンカール、トレヴィスなど)
適量
ゆで卵(スライス)
4枚
バター(食塩不使用)
30g
黒こしょう
適量
具材(約2個分)
 
ツナ缶
小1缶(70g)
玉ねぎ
小1/4個(30g)
セミドライトマト
40g
パセリ(みじん切り)
少々
塩、こしょう
各少々

作り方

【1】ツナ缶は油を切っておく。玉ねぎはみじん切りにし、水にさらして固く絞る。ドライトマトは食べやすい大きさに切る。

【2】具材の材料はボウルに入れて混ぜ合わせる。

【3】パンに横から切り込みを入れ、下面にバターを塗る。

【4】葉野菜を敷き、2の具材、ゆで卵を順にのせ、こしょうをふって挟む。

  • image
    ツナ、玉ねぎ、セミドライトマト、パセリ、塩、こしょうを混ぜ合わせた具材。
  • image
    バターをたっぷりと塗る。
  • image
    水切りした葉野菜を敷く。
  • image
    具材を押し付けるようにしてのせる。
  • image
    さらに、ゆで卵を2枚のせ、こしょうをひいて出来上がり。

ジャンボン・クリュディテ

2つめはジャンボン・クリュディテ。ハム、野菜、ゆで卵が入ったサンドイッチです。定番の具材で、飽きのこない味わいです。こちらはバターを塗ったら、マヨネーズも重ねて塗ります。こちらではかたまりのハムを厚めにスライスして使っていますが、スライスされたハムでも大丈夫です。


材料(1個分)
バゲット
約20㎝
葉野菜(サニーレタス、グリーンカール、トレヴィスなど)
適量
ハム(3㎜の厚さに切る、またはスライス)
40g
ゆで卵(スライス)
4枚
マヨネーズ
15g
バター(食塩不使用)
20g

作り方

【1】バゲットの横から切り込みを入れ、下面にバターを塗り、さらにマヨネーズを塗る。

【2】ハム、葉野菜、ゆで卵をのせてこしょうをふって、挟む。

image
ハムと野菜をバゲットで挟んだジャンボン・クリュディテ。
  • image
    バゲットを20㎝ぐらいの長さに切り、横に切り目を入れる。
  • image
    バターを塗り、その上にマヨネーズを塗る。
  • image
    ハムをのせる。
  • image
    さらに葉野菜、ゆで卵をのせる。
  • image
    やわらかめで甘みのあるタイプのパン、ヴィエノワ。
  • image
    小麦の旨味を感じられるバゲットレトロドール。サンドイッチにしても、そのままでも美味しい。
VIRON
VIRON

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 1F
ブーランジェリ・パティスリー tel:03-5220-7288
ブラッスリー tel:03-5220-7289
ブーランジェリ・パティスリー 10:00~21:00
ブラッスリー 昼:11:30~14:00(LO)
カフェ:14:00~17:30(LO17:00)
夜:18:00~23:30(LO22:00)
無休(但し、1/1及び法定点検日は除く)
https://www.marunouchi.com/tenants/3018/

投稿日:2019/3/29(金)

※店舗情報は変更されている場合もございますので、ご了承ください。

※詳細は店舗へお問い合わせください。