丸の内ドットコム

イメージ

第20回“ビールの達人”に教わる ビールを美味しく飲む作法ビールの達人”に教わる ビールを美味しく飲む作法

気温が上がってくると飲みたくなるのがビール。
冷たさと喉越し、独特の香りや味わいといった
ビールの魅力をより満喫して、もっと美味しく楽しみませんか?
今年、創業120周年を迎える老舗ビヤホール、「銀座ライオン」を運営する「サッポロライオン」に ビールを美味しく飲む秘訣を教わりました。

Interview

サッポロライオンといえば、1899年に日本初のビヤホールとして誕生して以来、全国に約170店舗を展開し、多くのビールファンに親しまれている店です。
今回は銀座ライオン 丸の内センタービル店の店長、鎭守あいこさんにビールを美味しく飲むためのポイントを教えてもらいました。

銀座ライオン丸の内センタービル店の店長、鎭守あいこさん。
銀座ライオン 丸の内センタービル店の店長、鎭守あいこさん。

色々なビールがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

一口にビールといっても、原料や製造工程の違いにより様々な種類があります。例えばビールを造る際の発酵方法には上面発酵(発酵が進むと酵母がタンク上部に浮く)と下面発酵(発酵が進むと酵母が沈んでいく)、自然発酵に分けることができます。上面発酵で造られるビールの代表的なものに「エール」、下面発酵のものには「ラガー」があります。
多数のビールを一括りにはできませんが、すっきりした飲み口が特徴的な日本の大手ビールメーカーに多いのはラガータイプ。それに比べてエールタイプは独特の味わいや香りを楽しめます。当社でも「銀座ライオン」の他に樽生エビスの全ラインアップを展開している「YEBISU BAR」がありますが、専門店などで色々なスタイルのビールを試して、好みの味を見つけるのも楽しいと思います。タイプによって温度や合わせるおつまみも変わってきます。
今回は、世界でも日本でも広く親しまれてきたピルスナータイプのビールを例に、飲み方などのアドバイスをさせていただきます。

ビールを美味しく提供するためのこだわりはありますか?

お店では温度管理、ガス圧の調整、注ぎ方の3つにこだわってビールを提供しています。ビールにとって温度は大切で、皆さんご存知の通り、ぬるいものは美味しく感じられません。かといって冷やしすぎると味わいが感じられなくなり、泡立ちが悪くなります。1℃の冷蔵庫で冷やし、お客様が飲むときに飲み頃の温度になるようにしています。
また、ほど良い状態の炭酸ガスになるように調整しています。圧力が低すぎると気の抜けたようなビールになり、高すぎるとピリピリとした刺激のあるビールになってしまいます。
そして、注ぎ方について。最初にビールの液体を注いでから、泡をのせるというのが一般的なビールの注ぎ方ですが、銀座ライオンでは、注ぎながら泡を作るという「一度注ぎ」にこだわっています。余分な炭酸ガスを抜き、雑味を泡に閉じこめることで、すっきりとした苦味の少ないビールに仕上がります。
ビールが苦手とおっしゃる方の多くが、炭酸の強さや苦味が苦手と言われますが、この注ぎ方のビールは飲めるという方もいらっしゃいます。
グラスに注ぐときには液体と泡が7:3になるようにしています。これを黄金比率と呼んでいるのですが、見た目にも美しく、きめ細かな泡がふたの役割を果たし、香りとガスが抜けにくくなり、空気と触れ合って味が落ちるのを防ぎます。

伝統の「一度注ぎ」にこだわっている。爽快な喉越しが楽しめる。
伝統の「一度注ぎ」にこだわっている。爽快な喉越しが楽しめる。
液体と泡が7:3の黄金比率になるように注ぐのがポイント。サッポロ生ビール黒ラベル オリジナルグラス550円(税込)。
液体と泡が7:3の黄金比率になるように注ぐのがポイント。サッポロ生ビール黒ラベル オリジナルグラス550円(税込)。

家で美味しくビールを飲むために気をつけることはありますか?

家では缶や瓶のビールを楽しまれると思いますが、そのまま飲むのではなくグラスにうつした方が香りも味もより豊かに感じていただけます。色の違いもわかり、目、鼻、口でビールを味わうことができます。
グラスに注ぐときには前述の黄金比率になるように3回に分けて注ぎます。まずは勢いよく半分まで注ぎ、泡が落ち着いたら、今度はゆっくりと9割くらいまで注ぎます。最後はゆっくりと慎重に液体と泡が7:3になるようにします。
大きめのグラスの方が、黄金比率を作りやすいですね。清潔なグラスを使うこともポイント。汚れているとグラスの内側に細かい水泡が付いてしまい、ビールの泡が粗くなるなど美味しさを損ねる原因になります。
温度はぬるいのはダメですが、冷やしすぎないようにすることも大切です。暑い時期はグラスも10分ぐらい冷蔵庫で冷やしてもいいですね。
飲み方にもポイントがあります。実際に飲むときには、ふんわりとした泡を最後まで残しながら飲みきるのがおすすめです。上の唇で泡をおさえながら、ビールの液体を飲みます。泡を残すことで、ビールの香りや味を長く楽しめます。すっきりしたタイプのビールは冷えているうちに飲みきるのがいいですが、濃いめの芳醇なタイプのビールは温度が高くなったり、ガスが少し抜けてしまっても美味しく味わえます。ビールのタイプに合わせて、自由に楽しんでいただきたいです。

サッポロビールの工場見学のお土産というグラスには、注ぎ方のイラストが描かれている。
サッポロビールの工場見学のお土産というグラスには、注ぎ方のイラストが描かれている。
※銀座ライオンでの取り扱いはございません。

ビールがさらに美味しくなるおつまみはありますか?

お店では定番や季節のおつまみを色々と取り揃えています。適度に塩気のある料理や揚げ物はビールのおつまみの定番ですが、「ソーセージの盛り合わせ」や「チキン唐揚げ」は、一定の人気がありますね。個人的には「やみつきシュリンプ」という揚げた海老にチリソースベースのたれを添えたものがおすすめです。また、すっきりしたタイプのビールに、酸味の効いたドイツ風のキャベツの漬物、「ザワークラウト」も合います。
家でよく作るのは冷奴に少しのキムチをのせ、ごま油をかけるおつまみです。キムチの旨味とごま油の香りがアクセントになり、すっきりとしたタイプのビールによく合います。

  • チキン唐揚げ853円
    チキン唐揚げ853円(税込)
  • ソーセージ盛合わせ(6本)2,786円
    ソーセージ盛合わせ(6本)2,786円(税込)
  • やみつきシュリンプ842円
    やみつきシュリンプ842円(税込)
  • ザワークラウト410円(全て税込)
    ザワークラウト410円(税込)
銀座ライオン丸の内センタービル店
銀座ライオン丸の内センタービル店

東京都千代田区丸の内1-6-1丸の内センタープラザB1F(丸の内センタービル内)
tel:03-5293-5036
ランチ 11:30〜14:30
ディナー 17:00〜23:00
土日祝休
https://www.marunouchi.com/tenants/9621/

投稿日:2019/5/31(金)

※店舗情報は変更されている場合もございますので、ご了承ください。

※詳細は店舗へお問い合わせください。