丸の内ドットコム

第28回 体コンディショニングの達人が伝授  自分でできる、体の整え方第28回 体コンディショニングの達人が伝授  自分でできる、体の整え方

デスクワークが続いて肩こりや腰痛に悩んでいる、
なんとなく体がだるい、という方も多いのではないでしょうか?
自分の体を見直し、改善するための方法について
「R-body project」に教えてもらいました。

Interview

予防医学に基づいた、ケガをしないための運動アプローチであるフィジカルコンディショニングのサービスを提供し、トップアスリートや一般の人の体を支えてきたR-body。オープン4周年を迎えたR BODY CONDITIONING CENTER大手町店は、近隣のビジネスパーソンの体を整える場として賑わっています。
今回は、大手町店 コンディショニングコーチの高田章史さんに、体のコンディショニングについて教わりました。

image
コンディショニングコーチの高田章史さん。

コンディショニングとはどんなことですか?

体の調子をよりよい方向に向かわせること、またはいい状態を維持することをコンディショニングと呼んでいます。ケガや痛みなどの不調が出てからではなく、そうなる前に整えておくことが大切です。体がいい状態だと病気を防ぐことができ、仕事のパフォーマンスもアップするなど、心身ともに豊かな生活を送ることができます。
そのためには、自分の体の筋肉や骨のこと、姿勢のくせなどを知り、コンディショニングを悪くする原因が何かを知ることが必要です。
体の現状を把握し、その改善のためにはどんな運動をすればよいのかを学ぶことで、不調になる前に体を整える術を自分自身で実践できるようになります。

自分で体の状態をチェックできますか?

詳しくは、専門家のチェックを受けていただくのがベストだと思いますが、簡単に姿勢をセルフチェックする方法をご紹介します。
その場で5歩ぐらい歩いて、肩の力を抜いてから止まります。その時の手の甲の位置が真横であればOK。前に来ている人は猫背です。鏡を見ながらやってみましょう。自分では姿勢がいいつもりでも、実際は違うという人は多いです。
猫背は肩甲骨が外側に開いたままになっていて、肩が前に出てしまう状態です。この状態で手を上げようとすると、腰を反らないと上げられず、今度は腰にも負担がかかり、腰痛の原因にもなります。
頭はボウリングの球ぐらいの重さがあるので、猫背のまま支えようとすると、首の後ろの筋肉が張り、肩こりを引き起こしてしまいます。

  • image
    手の甲が真横にある、正しい姿勢の状態。
  • image
    手の甲が前の方にあり、肩の位置も前方に出ている猫背の状態。

肩こりや腰痛は自分で改善できますか?

パソコンやスマホを長時間使うことで、前かがみの猫背になり、肩こりになってしまう人は多いです。肩こりを解消するために、マッサージなどに行く人も多いでしょう。コリがほぐれて一時的には楽になると思いますが、時間が経つとまた痛くなる可能性は大きいです。
大切なのはけがや痛みなどの不調が出る前に、根本的に体のコンディションを整えること。ほぐしただけだとまた元に戻るので、ほぐしたら肩甲骨周りを動かして、その動きを体に覚えさせることが必要になります。

仕事中にオフィスでもできる動きを教えてください。

肩甲骨まわりの筋肉を動かし、肩甲骨を正しい位置に戻すための座ってできる動きを2つご紹介します。
骨盤を立てて椅子に座り、両腕を前に伸ばした状態からさらに前方に伸ばし、深呼吸を2回行います。今度は後ろに引き、肩甲骨を真ん中に引き寄せるようにして、深呼吸を2回行います。

  • image
    両腕を前に伸ばし、深呼吸を2回行う。
  • image
    肩甲骨を引き寄せて、深呼吸を2回行う。

ゴルフをする人は片腕ずつ引く動きがおすすめです。片腕ずつ引くことで、胸椎をひねる動きになります。胸椎は体の軸となる脊柱の中の、首のすぐ下からみぞおちまでの12個積み重なった骨ですが、スイングするときにポイントなるのが胸椎です。スイングで体をねじるとき、腰をひねると思いがちですが、本来腰はひねる動作が苦手な構造で、大切なのは胸椎をひねることなのです。

  • image
    右腕を後ろに引く。
  • image
    左腕を後ろに引く。交互に行う。

また、上下の動きもご紹介しましょう。骨盤を立てて椅子に座り、両腕をバンザイした状態で、さらに上に引き上げて深呼吸を2回行います。今度は体のラインに沿って両腕を下げてきて深呼吸を2回行います。これも片腕ずつ行うことができます。
どの動きも仕事の合間などに、肩甲骨の動きを意識し、呼吸しながら5回ぐらいずつ行いましょう。

  • image
    両腕をバンザイした状態で深呼吸を2回行う。
  • image
    両腕を下げて深呼吸を2回行う。
  • image
    片腕ずつ交互に行ってもよい。

おすすめのグッズはありますか?

手軽に体のこりをほぐせるボールがおすすめです。こちらでもテニスボールやソフトボールを備えています。どちらでもお好みのものをお使いください。
お尻の下においてゴロゴロ動かすだけで、コリがほぐれます。腕の付け根やももの付け根の股関節など、気になる部分にボールをおいてほぐすことで、その後の動きがしやすく、効果が出やすくなります。
今回色々な動きをご紹介しましたが、どの動きも自分のペースで無理をせずに行ってください。

  • image
    テニスボールとソフトボール。
  • image
    座っていることが多い人に効果的。
  • image
    猫背姿勢の人に効果的。
  • image
    座っていることが多い人に効果的。

R-body projectのこだわりを教えてください。

はじめに、「S・O・A・P®️(Subjective/Objective/Assessment/Plan of Action)」という筋肉の健康診断サービスを通じて、お客様一人ひとりの体のくせや弱点をトレーナーがマンツーマンでチェックし、課題解決のためのコンディショニングメニューを提案します。次に、トレーナーの指導のもと、トレーニングを実践してもらいます。このようなパーソナルトレーニングだけでなく、自分自身でコンディショニングをできるようになっていただくために、セルフコンディショニングも推奨しています。
そのためにも、「体だけでなく、頭まで鍛える」をコンセプトにしています。自分の体に何が必要かをきちんと理解しながら、自分でコンディショニングできる。そんな人が増える世の中を目指しています。
自分自身でコンディショニングされる方は、昼休みの終わり15分だけという短時間でも、体を動かしにいらっしゃいます。特にダイエット効果はうたっていませんが、体の調子がよくなっていくと、食べ物もきちんと選択するようになり、自然に痩せたという方もいらっしゃいます。

自分自身の体のクセや弱点を知る「S・O・A・P®」とそのクセや弱点の解決策をトレーナーの指導のもと実践する「R-Condtioning(パーソナルトレーニング)」を2日間に分けて体験できるR-TRIALというサービスがあります。興味のある方は是非店舗にご連絡ください。
「R-TRIAL」
https://r-body.com/center/otemachi/

image
image

体や運動の知識を高められるよう、本が置いてある。

R BODY CONDITIONING CENTER 大手町店
R-body project

R BODY CONDITIONING CENTER 大手町店
東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル B1F
tel: 03-6273-4337
平日 6:45〜22:30/土曜日 9:45〜19:00
日曜祝日・夏季・年末年始・その他休
https://www.marunouchi.com/tenants/10037/index.html

投稿日:2020/1/31(金)

※店舗情報は変更されている場合もございますので、ご了承ください。

※詳細は店舗へお問い合わせください。