丸の内ドットコム

鶴橋にお店を構えて50年以上の「お好み焼 オモニ」

おでんのジャガイモやぶっといゲソ天、自家製キムチにスジ、油カスなどを「お好きなように」入れる[オモニ]流が特徴。多数の著名人が自分流の組み合わせメニューを残している人気店が丸の内に登場!

https://www.marunouchi.com/tenants/10061/index.html

営業時間
11:00~23:00(L.O22:00)
T E L
03-6268-0223
平均予算
[ランチ]1,500円
[ディナー]2,500円
座席数
40(内カウンター10席)

「本店のお客さんだった方がいらっしゃる事も多いんですよ」と嬉しそうに語るスタッフさん。
桃谷生まれの『お好み焼 オモニ』は粉激戦区大阪で50年以上愛され続けている鉄板焼き・お好み焼きの名店。一般的なお好み焼きと比べてつなぎの生地を極力抑え、素材の持ち味を活かした自慢のお好み焼きを「二重橋スクエア」で味わうことができます。東京初出店のお店では生地に使われる小麦粉やソース、自家製キムチなど本店同様の物を使用。お肉、ホルモンも大阪のお店と一緒のお肉屋さんにお願いしているそう。熟練のスタッフさんの手さばきを見ながら食事を楽しめるカウンター席をはじめ、テーブル、半個室など、どの席にも鉄板が設置されており出来立て熱々のままお好み焼きを楽しむ事ができます。今回二重橋スクエアに暖簾を掲げるにあたり、オープン前に半日以上かけて鉄板に熱を通すならし焼きをされたそうですよ。お好み焼き愛を感じますね!
まずは一品料理からいただいてみましょう!

image

お店いち押しの『スタミナ焼き(1,300円)』は、和牛の顎肉、キャベツ、青唐辛子、もやし、ネギを豪快に焼き上げた逸品。適度に脂ののった顎肉は牛スジと違った歯ごたえ、シャキシャキの野菜とナイスマッチング。また青唐辛子のガツンとした辛さがパンチ力をアップさせてくれ、やみつきになる美味しさ。辛ウマでお酒ともピッタリですね。

image

続いてオモニオリジナルの『ホルモンキムチチャグリ(1,300円)』。チャグリを初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが韓国の煮込み料理。新鮮なハチノスなどのホルモンと4~5日間漬け込んだ自家製キムチを野菜と一緒にグツグツ煮込んだもの。ベースのスープは鶏出汁の効いたスープ。
一品料理を何品かいただき、お待ちかねのお好み焼きをいただいてみましょう。
お好み焼きは850円~。定番の豚玉をはじめ、すじ肉、キムチを使った『スジ肉ポッカ焼き(1,350円)』、お餅とチーズを組み合わせた『とろけるチーズお好み焼き(1,350円)』、丸の内オープンの為に考案された『丸の内焼き(豚、エビ、ホタテ、ゲソ天、キムチ、玉子、チーズ、キャベツ 1,900円)』などなど。蕎麦を使用したモダン焼き、洋食焼きもあります。

image

この日は人気№1という『オモニ焼き(豚、イカ、エビ、ホタテ、玉子、キャベツ 1,350円)』をいただいてみました。各席にはマヨネーズ、ソース、鰹節、粉かつお、青のり、一味が置かれているのでお好みで。待つこと数分。目の前の鉄板にジュージュー音を立てオモニ焼きが登場し食欲スイッチが再びオン!早速テコでお好み焼きを4等分に、ハフハフと火傷に注意しつついただくと…!口いっぱいに広がるキャベツの甘みと具材の存在感。一枚あたり約170gのキャベツを使用されているそう。キャベツを蒸すように焼き上げ具材を乗せるのがテクニックのよう。なるほど!野菜は甘みが増し、具材の良さも活きる。
生地の量を抑えている事でさっぱりといただけ不思議と重たさがなく、ペロリといただけます。
実際にグループで来店したお客さんでも、1人1枚お好み焼きを注文される方も多いんだとか。
またゲソ天、じゃがいも、油カスなどお好きな物を入れて楽しむのもオモニ流。自分好みの組み合わせを見つけてみてはいかがでしょうか。

image

《全てのお客様の笑顔の為に》がオモニの想い。
おひとり、仲間同士など少人数での食事は勿論、宴会利用で使える『飲み放題付コース(5,000円)』もあり、幅広いシーンで使える一軒ですね。料理に合わせるお酒は、定番のビールやハイボールに加えてワインも充実。中にはお好み焼きとの相性を考えて開発されたというスペイン産の赤ワイン『お好み焼きワイン』も。
本場の味を丸の内でぜひ!

取材日:2018/12/8 ※店舗情報は変更されている場合もございますので、ご了承ください。 ※金額はすべて税込表示です。 ※詳細は店舗へお問い合わせください。

image

焼肉・ステーキなどお肉料理を中心にスイーツ・レストランまで幅広いグルメ情報を発信。Ameba「B級グルメジャンル」公式ブロガー/ぐるなび厳選食通グルメマガジン「お肉グルメ」担当/マイナビニュース「ビジネスマンが喜ぶB級グルメ」連載。instagramフォロワーは4万人を越える。

index