通年

コマツナ
生産量は全国2位(2012年)、東京を代表する野菜の一つです。八代将軍徳川吉宗が名付けたといわれています。

通年

明日葉(アシタバ)
発育が早く「夕べに葉を摘んでも明日には新芽が出る」ことから、この名がついたほどです。カルコン類やビタミン、ミネラル等も豊富です。

通年

奥多摩やまめ
年で約1.5kg、4年で約2kgと通常のやまめに比べて大きく、刺身や寿司、洋食にも利用できます。

通年

TOKYO X(トウキョウ エックス)
味を重視して改良した豚で、脂肪がおいしく香りがよいのが特徴です。北京黒豚、バークシャー、デュロックの3種の交配により、7年かけて誕生しました。

通年

キンメダイ
白身の魚で、鮮度の良いものは刺身にすると大変に美味しい魚です。

通年

東京シャモ
肉の赤身が濃く、タンパク質に富み、脂肪が少ないのが特徴で、鍋料理に適しています。

1月

11月

トマト
大玉、宙玉、ミニトマトなど数多くの品種が栽培されています。

4月

11月

わさび
奥多摩町などの多摩川源流地域の清流に沿って、小さなわさび田で丁寧に栽培されています。

8月

10月

なし
都内でも数多くの品種が栽培され、特になしの生産が盛んな、多摩川流域周辺では「多摩川梨」として、直売所などで販売されています。

10月

11月

キウイフルーツ
東京都で生まれたキウイフルーツ「東京ゴールド」は果肉が黄色で、甘みが強くて食味が良いのが特徴です。

10月

11月

カキ
東京ブランド果樹「東 京 紅」は、甘みが強く、赤みのある橙色が特徴です。

10月

12月

キャベツ
主に初夏と秋冬の年2回収穫されます。最近、都内では冬季限定で「東京スイートキャベツ」のブランド化に取り組んでいます。強い甘みとみずみずしさが特徴です。

10月

12月

ブロッコリー
ビタミンやミネラル、食物繊維等の栄養素が豊富です。スティックセニョールやブロッコリー・スプラウトなど新たな形態のものも出てきています。

10月

2月

ほうれんそう
栄養価が高く緑黄色野菜の王様と呼ばれ、都内各地で生産されています。
丸の内に食べごろの旬のサツマイモが届きました!おいもフェア 食べて応援!秋グルメフェア第1弾 10.4Mon~10.17Sun 丸の内に食べごろの旬のサツマイモが届きました!おいもフェア 食べて応援!秋グルメフェア第1弾 10.4Mon~10.17Sun